TOP
 Pazdesign CLUB




Pazdesign CLUB

■入会案内

入会はこちらから
登録内容の変更、退会されたい方はこちらから。

■会員規約

第1条(会員規約)
本規約は、株式会社ザップが運営する、パズデザインクラブ(以下「本サービス」といいます。)を、会員が利用する際の一切に適用します。

第2条(会員)
会員とは、第4条に定める手続に従って本サービスへの入会を申し込み、株式会社ザップがこれを承認した者をいいます。

第3条(本サービス利用)
1.本サービスは、会員のみ利用することができます。

第4条(入会の申込)
1.本サービスへ入会を希望する者(以下「入会希望者」といいます。)は、本規約に同意の上、株式会社ザップ所定の方法により入会申込を行うものとします。
2.本規約を含む株式会社ザップと入会希望者との間の本サービス利用契約(以下「本契約」といいます)は、入会申込が完了した時点で成立するものとし、当該入会希望者はその時点をもって会員となります。

第5条(同意)
1.会員は、入会申込を行った時点で、本規約の内容に同意したものとみなします。
2.会員は、入会申込が完了した時点で、本サービスにおける株式会社ザップからの電子メールを受領することに同意したものとみなします。

第6条(届出事項の変更)
1.会員は、入会申込時に株式会社ザップへ届け出た事項に変更が生じた場合、変更内容をすみやかに届け出るものとします。
2.会員は、入会申込時に株式会社ザップへ届け出たメールアドレスに変更が生じた場合、変更内容をすみやかに届けるものとします。

第7条(退会及び会員資格の取消)
1.会員は、株式会社ザップ所定の方法により退会手続を行うことにより、いつでも自由に退会できるものとします。
2.株式会社ザップは、会員が次の各号の一に該当する場合、事前に通知することなくただちに当該会員の会員資格を取り消すことができるものとします。
(1)本規約の禁止事項に記載されている行為その他本規約に違反する行為を行った場合
(2)株式会社ザップへの届出事項に虚偽があった場合
(3)前各号のほか、会員資格を維持することが不適当であるか、又は本サービスの提供に支障があると判断した場合
3.株式会社ザップは、前項に従い会員資格を取り消した場合、当該会員に対して一切責任を負わないものとし、当該会員は会員資格の取消時点において所有している権利の一切を放棄するものとします。

第8条(個人認証情報の管理)
1.会員は、自己の電子メールアドレスおよび自己の設定したパスワード等(以下あわせて「個人認証情報」といいます。)を、自己の責任において管理するものとします。
2.株式会社ザップは、会員の個人認証情報が第三者に使用されたことによって会員が被った損害について、会員の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負わないものとします。

第9条(自己責任)
1.会員は、本サービスの利用とそのサービスを利用してなされた行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。
2.会員は、本サービスの利用により株式会社ザップ又は第三者に対し損害を与えた場合(会員が本規約上の義務を履行しないことにより株式会社ザップ又は第三者が損害を被った場合を含みます。)自己の責任と費用をもってかかる損害を賠償するものとします。

第10条(著作権の保護)
1.会員は、本サービスを利用して入手した株式会社ザップ又は他の著作権者が著作権を有するいかなる情報データ、画像等(以下、あわせて「本件情報」といいます。)も、著作権法で認められた私的使用の範囲内でのみ利用するものとし、私的使用の範囲を越える複製、販売、出版、放送、公衆送信のために利用しないものとします。
2.会員は、本条に違反する行為を第三者にさせないものとします。
3.本条に違反する行為によって問題が発生した場合、会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、株式会社ザップに何等の迷惑又は損害を与えないものとします。

第11条(営業活動の禁止)
会員は、本サービス又は本件情報を、営業活動その他営利を目的とした行為又はその準備行為に利用してはならないものとします。

第12条(その他の禁止事項)
第10条及び第11条の他、会員は、本サービスの利用にあたって次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。
(1)株式会社ザップ、発行者、他の会員もしくは第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又はそのおそれのある行為
(2)株式会社ザップ、発行者、他の会員もしくは第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、又はそのおそれのある行為
(3)株式会社ザップ、発行者、他の会員もしくは第三者に不利益又は損害を与える行為、又はそのおそれのある行為
(4)公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為
(5)犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為
(6)本サービスの運営を妨げる行為、又はそのおそれのある行為
(7)本サービスの信用を毀損する行為、又はそのおそれのある行為
(8)第三者の電子メールアドレスを登録する等株式会社ザップに対して虚偽の申告、届出を行う行為
(9)本サービスを通じて又は本サービスに関連してコンピュータウィルス等有害なプログラムを使用又は提供する行為、又はそのおそれのある行為
(10)法令に違反する行為
(11)その他、株式会社ザップが不適当であると判断する行為

第13条(個人情報の取扱)
1.株式会社ザップは、会員の個人情報を、「個人情報保護法」に基づき適切に 取り扱うものとします。
2.株式会社ザップは、会員の個人情報を本サービスの提供を目的とする範囲内で利用します。
3.株式会社ザップは、会員個人を特定できる一切の情報については、これを提供しないものとします。

第14条(本規約の変更)
1.株式会社ザップは、会員の了承を得ることなく、本規約を変更することができるものとします。
2.変更された本規約が本サービスのホームページ上において発表された後、一週間以内に会員が株式会社ザップの指定する手続に従って退会手続を行わない限り、変更された本規約を当該会員が承認したものとみなします。その時点をもって、会員と株式会社ザップ間の本サービスの利用条件も有効に変更されるものとします。

第15条(通知)
1.株式会社ザップは、会員に対する通知その他の連絡を、電子メール又は書面によって行うものとします。
2.前項の通知は、株式会社ザップに故意又は、重過失がある場合を除き、かかる通知の通常到達すべきとき(電子メールによる場合は配信時に)会員に到達したものとみなすものとします。
3.株式会社ザップは、会員全員に対する通知については、本サービスのホームページ上に通知内容を掲載することをもって、第1項の通知に代えることができるものとします。この場合、掲載された時点をもって、通知が到達したものとみなすものとします。
4.会員は、株式会社ザップに対する通知その他の連絡を、電子メールの送信によって行うものとします。
5.前項の通知は、当該電子メールが判読できる状態で株式会社ザップに到達した時点をもって、株式会社ザップに到達したものとみなすものとします。

第16条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行及び解釈には、日本法が適用されるものとします。

第17条(管轄裁判所)
本契約を巡る一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とするものとします。

第18条(協議)
本サービスに関して会員と株式会社ザップの間で問題が生じた場合、会員と株式会社ザップは誠意をもって協議しその解決に努めるものとします。

第19条(その他の事項)
会員は、本規約に定めのない事項については、株式会社ザップが別に定めるところに従うものとします。

第20条(附則)
本規約は2009年5月1日から実施するものとします。

登録日:2012/05/02-20:41
CONTENTS
WHAT'S NEW
PICKUP ITEMS
WADERS
VEST
SHOES
RAIN WEAR
OUTER WEAR
MID/INNER
PROTECTION
CAP&GLOVE
ACC
LURE
EYE WEAR